食の安全ナビ

毒餃子による外食離れの打撃

冷凍餃子から猛毒の「メタミドホス」が検出された事件により、大手の外食チェーンなどが、中国製食品や加工品を使用することをやめると表明しています。

そのことにより、ショップによっては、提供することができないメニューが出てきています。
そして、同じ様なメニューを再開する際に、国産の材料を使用することになれば、コストがそれまで以上にかかることになります。

その増加したコストの分を、ショップ側が価格を据え置きすることで負荷するのか、値上げをしてお客側が負荷するのか、という選択を強いられます。
価格を据え置きすると、勿論ショップの業績はマイナスとなります。
ところが、価格を上げたとしても、外食を控える客が増えてくる可能性もあるので、外食産業にとってはどちらにしても痛手を負います。

この毒餃子中毒事件は、いまだに解決しておりませんが、リサーチを進めていくと、冷凍餃子を製造した後に、殺虫剤「メタミドホス」が何者かによって混入されたのでは、という見解が強まってきています。
そのことを受けて、物流会社や輸入業者等に対する確認体制が、より厳格に求められることになるでしょう。
それにかかるコストの負荷は、とても大きくなると考えられます。

実際に、輸入されてくる食品が日本で消費するまでには、それが製造されてからいくつもの検査が行なわれています。
それなのに、餃子の包装袋に抜け穴が見つかりました。
輸入に関わる商社や卸業者、物流業者などは、更にきびしい商品管理を強制されることになります。
そして、関係性する企業は、そのためのコストを負荷することで、業績を圧迫しかねない状況となるでしょう。

客の外食離れや、物流関係性会社の業績が低迷することで、日本の景気にも大きな影響を与えることになると思います。