食の安全ナビ

石屋製菓「白い恋人」の賞味期限改ざん

全国的に著名な北海道土産のお菓子といえば、チョコレート菓子の「白い恋人」です。
しかし、その製造元である「石屋製菓」が、2007年8月、一部の「白い恋人」が賞味期限を改ざんして販売されていたことが発覚しました。

そして、「白い恋人」と同じ工場で製造されているアイスクリーム類から大腸菌群が検出され、更にバウムクーヘンの一部からも黄色ブドウ球菌が検出されたのでした。

石屋製菓によると、「白い恋人」の30周年キャンペーンで販売された、限定商品の在庫を一掃処分するために、限定商品用の包装から普通のものに包み直す際、正確な賞味期限よりも1ヶ月も延ばした日付を記載するようにと担当取締役が指示したそうです。
改ざんされた「白い恋人」は、56枚入りのセット4328箱で、そのセットを回収することにしました。
この問題が発覚した契機は、同社に改ざんを指摘する内容のメールが届いたことによります。

そして、菌が混入された可能性が高いバウムクーヘンは177個で、そのうちの20個を回収しました。
ところが、この問題が発覚した以前に製造したものは、安全チェックがされておりません。
一方、アイスクリーム類は菌が混入した可能性のある個数がはっきりとわかっておらず、約3万4千本を自主回収しています。

更に、滅菌処理が十分に行なわれていないことを、保健所から指摘されています。
今回検出された菌は、体調が良くない場合に食中毒を誘発してしまう可能性があるそうです。
食品を扱っているのならば、衛生管理をしっかり行なって欲しいもんです。