食の安全ナビ

「赤福餅」と「白い恋人」ヒット商品の裏側

「白い恋人」の石屋製菓は賞味期限を改ざんし、「赤福餅」の赤福は製造日を改ざんしましたが、その2社には偽装表示を行なう共通点がみられます。
それは、「白い恋人」と「赤福餅」という、ひとつだけの商品に頼らなくてはならない企業だということです。

石屋製菓は、さほどにも「白い恋人」がヒットしたことで、商品名の方が会社名より著名となり、消費者に「石屋製菓」という社名をなかなか知ってもらうことができませんでした。
消費者は、石屋製菓の菓子を求めるのではなくて、「白い恋人」を買い求めるんです。
だから、「白い恋人」の売れ行きが好調でも、石屋製菓の他の商品はさほど売れていませんでした。

一方、同じ北海道土産で著名な「六花亭」などは、商品名よりも社名が全国的に著名です。
このような会社は、会社名が著名となっているため、新しく商品を発売しても、消費者は関心をもって購入するので、無理をして売ろうとする必須はありません。

石屋製菓は、「白い恋人」のほかにもヒット商品を生み出すために、様々な商品を開発してきましたが、ヒットに繋がる商品が今一つない状況が続きました。
そのため、「白い恋人」への執着心がますます高くなったんです。

これは、赤福にも同様のことが考えられます。
消費者からすれば、社名の「赤福」も商品の「赤福餅」も商品名として受け入れられており、「赤福餅」以外の商品は考えられないようです。

こんな風に、石屋製菓も赤福も、主力商品に頼らずにはいられなかったんです。
また、売り上げを伸ばしたり利益を上げたりする目的で、消費者をだましてきたんです。
ところが、そんな汚い仕方をする必須が本当にあったのでしょうか。
たとえば、賞味期限が迫った商品は割引にして安く販売し、在庫をなくしていく方法など考えられます。
このような方法を行う努力をすれば、主力商品だけだとしても十分に利益を上げることができるはずです。