食の安全ナビ

「ほっかほっか亭」消費期限切れサラダ・うどん

「プレナス」は21都道県で、持ち帰り弁当チェーンショップの「ほっかほっか亭」を展開しています。
しかし、2007年2月に13都道県計182ショップにおいて、社内基準で定められている消費期限を過ぎたサラダやミニうどのようなどを、ラベルを張り替えて販売していたことが、2007年1月26日〜2月5日に実施した自主リサーチによって判明しました。

消費者からは、体調を崩したというような報告はないようです。
そして、プレナスの内藤緑郎コミュニケーション室長は謝罪し、これからそれぞれのショップで徹底的に指導をしていくことを表明しました。

プレナスによると、サラダやミニうどんの販売は、社内基準によって製造してから8時間以内と決められています。
普通、サラダ類は朝に調理してショップ頭に陳列され、昼時のピークが過ぎて余った商品は廃棄し、夕方販売する分を再び調理することになっていました。

そして、山梨県の山梨万力ショップで、ラベルの張り替えを拒み内部告発した女性従業員が、ショップ長によって解雇されていたことも分かりました。
県では、食品衛生法違反の可能性が考えられるとしてリサーチを始めました。
また、「ほっかほっか亭」を運営する「プレナス」は、そのショップのショップ長を無期出社停止することとし、解雇された女性に謝罪し、別の直営ショップで再雇用することを決定しました。

とくに、「ほっかほっか亭」のようなフランチャイズショップでは、現場に全てを任せているだけでなく、徹底した作業管理と確認体制を強化する必須があります。