食の安全ナビ

船場吉兆の刺し身のツマ

「船場吉兆」で料理の使い回しをしていた事件を受けて、飲食ショップで働いている人と、消費者を対象としてアンケートを実施した結果、驚きの実態が明らかになりました。

飲食ショップで働いている100人に、「料理を使い回した経験がある」と回答した人は、全体の15%を占め、「刺し身に添えるツマなどを使い回した経験がある」と答えた人は、なんと21%にものぼりました。

更に驚いたのは、消費者200人を対象にしたアンケートの回答です。
「飲食ショップにおいて、手を付けていない料理を使い回していると考えるか」という問いに、「そう思う」と答えた人は全体の86.5%で、「刺し身に添えるツマなど」に関しては、なんと93.0%もの人が「使い回しを行なっていると考える」と答えているんです。

飲食ショップでの刺し身のツマやパセリの使い回しは、昔から消費者の間でも、噂になっていたことです。
しかし、偽装が立て続けに起こっている最近では、消費者は使い回しの実態よりも、そのような行為は、どの飲食ショップでも当たり前やっているためは、と思い込んでいるんです。

「使い回し」が公になった直接の契機は「船場吉兆」の事件ですが、それを当たり前のように行なってきたたくさんの飲食ショップにも要因があるはずです。
捨てるのはもったいないから、わからなければ問題ない、などと考えて、使い回しを行なっている飲食ショップは少なくないようです。

「船場吉兆」の事件を契機として、まだそのような古い考えの飲食業界に対して、厳しく回復を求めなければいけません。