食の安全ナビ

返品商品の再包装と賞味期限

デパートやスーパーなどの流通業者は、消費者からの苦情をなるべく防止するために、賞味期限を過剰なまでに短く設定するようにしています。

まず、商品を納入する食品メーカー等に対して、本来の正しい賞味期限よりも、かなり短く賞味期限を設定させるようにし、その賞味期限が近づいてきたならば、メーカーにその食品を返品してしまうんです。

ある食品メーカーでは、返品されてきた食品を、新しい食品のなかにわからないように混ぜて、包装し直して再び出荷するという偽装を行っていました。
偽装を行なっていたメーカーの担当者は、まだ十二分食べられる食品を捨ててしまうのが、もったいなかった、と言ったそうです。

勿論、返品されたはずの食品を、再包装してまた販売するという行為は、絶対に許されないことです。
ところが、まだ十二分に食べることができるものなのに、賞味期限になる前に返品して、廃棄してしまうという流通のやり方にも、大きな問題があるとは言えませんか?

デパート内のテナント等においては、賞味期限の残り期間が近づいたならば即廃棄するようにと、指導を行なっているところもあるみたいです。
まだ賞味期限になってもいない食品を、廃棄しないといけないテナント側は、情けないと思いながらも、どのようにすることもできないのでしょう。

そして、テナント側は、このような無駄が発生することを見込んで、価格を設定しないといけないので、そこでかかるコストは消費者が負荷することになります。
ところが、ショップによっては、賞味期限が近づいているものは、消費者にその旨を伝えて、値下げをして在庫を残さないなど、販売者と消費者の両者が納得できる方法で、無駄をなくすように販売方法を工夫しているところもあります。
矛盾だらけの社会をつくらないために、そのような努力を心がけて欲しいもんです。