食の安全ナビ

森井食品の三輪そうめんとくずきり

奈良県の「森井食品」は、返品された奈良県特産物である「三輪そうめん」の賞味期限を付け替えて再出荷していたことが発覚し、2008年6月、農林水産省は森井食品に対して、日本農林規格法に基づいて、回復命令を出しました。
森井食品は、2002年にも長崎県産のそうめんを、正しく産地表示しないで「三輪そうめん」として販売し、日本農林規格法から回復を指示されたことがありました。
また、次に違反することがあったなら、刑事告発されることになり、きびしい罰則が適用されます。

農林水産省によると、森井食品は、三重県にある関連会社「森嶋食品工業所」に指示して、返品された「伝承手延三輪素麺」など、普通1年半の賞味期限としている48商品を、1年半先の日付に書き換えて再び包装し再出荷していました。
三重県も森嶋食品工業所に対して、日本農林規格法に基づいて回復するように指示しました。

森井食品と森嶋食品工業所は、カビが生えて変色した麺は除去して詰め替えていました。
しかし、日本農林規格法によると、販売し会社の管理下から離れた返品の商品を、賞味期限を書き換える行為は禁じられています。
森井食品は、7年前から返品の賞味期限書き換えを行なっており、全国のスーパーマーケットや百貨ショップで、1キロ約3千円で贈答品などとして販売されていました。

そして、森井食品は、「くずきり」の3商品も同じように、返品の賞味期限を2年先に延ばして、再び販売していたことがわかっています。