食の安全ナビ

食品偽装とブランド志向

次々と発覚する食品偽装事件によって、我々は食の安全性について鈍感になってしまっています。
ところが、それは大変危険なことで、とくに子どもさんがいる家庭では、いつでも食に対して、敏感でいなくてはなりません。

近頃の食品偽装事件を振り返ると、大きく二つに分けられます。
ひとつは食肉に関わる偽装で、もうひとつは加工品に関わる偽装です。

野菜や魚、米やパン、めん類など、主食系の食品については、食品偽装事件が逆に少ないと言えます。
たいてい魚や野菜は、丸ごとの状態で売られているため、偽装が難しいのと思います。
加工品を控えて、そのような食材をなるべく使って、調理するように気を付けるとよいでしょう。

日本人は、食品だけでなくブランド志向の人が多いようです。
勿論老舗ブランドの信頼は、殆どの場合ですばらしく、商品も期待を裏切らず、大変おいしいものばかりだと思われます。
ところが、近頃相次いで起こった事件を振り返ると、必ず大丈夫だと思っていた老舗でも、信頼を裏切るような事件を起こしています。
そして、特徴的だったのが、偽装が発覚した商品の多くが加工品であったことです。

これから、このような事件が起こらないことを願いたいんですが、これだけ多くもの会社で発覚するということは、他でも行なっていると疑ってしまいます。
そうなると、消費者側が安全な商品を選択するしか方法はありません。
すべてのショップに疑いを持つ必須はないんですが、ブランドや老舗だからと過信してはなりません。
毎回買う前に、本当に大丈夫か気をつけるとよいでしょう。

そして、子どもさんのおやつに関しては、お母さんが安全な素材を揃えて、手作りしたおやつを与えることも、偽装食品から大事な子どもさんを守る方法のひとつです。