食の安全ナビ

中国産偽キクラゲと偽粉ミルク

中米パナマで、ある風邪薬を服用した人が死亡し、北米では、あるペットフードを食べた犬や猫が死んだ事件があります。
そのそれぞれで、原料から毒性物質が検出されたんですが、その原料は中国企業のつくったものだったんです。
  北京東部の市場では、中国東北地方産のキクラゲが麻袋に入れられ、所狭しと置かれています。
その値段は、500グラムで10元〜30元と差があります。
キクラゲを市場に卸している人によると、安いものは薬を使用して加工しているそうです。
キクラゲと種類が異なるきのこに、鉄くずや硫酸マグネシウムなどを混ぜ合わせた薬品をつけて、本物のように見せていると言います。

偽キクラゲは、2006年3月には山西省で約100キロ、北京では2001年に約280キロ、四川省成都では約3000キロ見つかっています。
中には、工業用のインクで着色してあるような、常識では考えられないものも見つかったそうです。
そのような偽キクラゲを食べた人は、下痢や嘔吐の症状が現れました。

そして、2003年に安徽省で起きた偽粉ミルクの事件は、中国の人々にも衝撃を与えました。
この事件によって、229人もの幼い乳児が栄養障害となり、そのうちの12人は死亡してしまいました。
この偽粉ミルクは、でんぷん等に香料を混ぜたという粗悪品でした。

日本では、中国から農産物を沢山輸入しているため、このような事件は関係性ない、とは言えません。
そのような食品が日本に輸入されていると考えると、ゾッとしてしまいます。