食の安全ナビ

JR東海パッセンジャーズの自主基準を厳格化と消費期限偽装

2008年2月22日、JR東海の子会社である「JR東海パッセンジャーズ」が、東海道新幹線の車内や駅などで、弁当やおにぎり、サンドイッチなどを、意図的に消費期限を遅らせて食品偽装し、販売していたことがわかりました。

発覚の契機となったのは、21日午前に、内部告発とされる電話からでした。
それによって、大阪の2ヶ所、東京、名古屋の計4工場において、工場長らが食品偽装を次々と認めています。
大阪市の淀川工場においては、製造している15種類の商品すべてに、期限を延ばして偽装表示したラベルを張っていました。
23日までに、4工場では地もとの保健所によって、食品衛生法に基づいて、立ち入りリサーチが行われています。

そして、このような偽装は、2005年4月から4工場すべてにおいて常態化していて、3年間で偽装表示した商品は約1500万食と推定されることが、3月11日に公表されました。
健康被害に関する報告はないようですが、最長で6時間40分も消費期限を延ばした商品もあったそうです。

JR東海パッセンジャーズによると、05年4月から消費期限の自主基準を厳格化し、その頃から偽装が常態化したそうです。
たとえば、弁当の場合、消費期限を5時間短縮したことで、販売ピーク時の夕方に向けて品を揃えることが困難となり、偽装表示を行うようになったということです。

そして、05年4月以前から、繁忙期の年末年始等には偽装を行なっていたと言います。