食の安全ナビ

台湾産里帰りウナギと国産ウナギ

昔から日本では、「土用の丑」といえば、うなぎを食べる風習があります。
ところが、近頃発覚した、国産ウナギとして産地の偽装をしていた事件によって、出荷の最盛期であるはずの台湾産ウナギは苦境に立たされています。

7月18日、日本と台湾のウナギ業界団体は、記者会見を共同で行い、台湾産ウナギは安全で、品質も大変よいことをPRしました。
そこで、日本鰻輸入組合の副理事長は、台湾産のウナギは日本のものと殆ど品質に変わりはないことを、強く訴えました。

台北国際空港の近くにある出荷場では、7月24日の「土用の丑」に向け、出荷作業が毎日慌しく続けられています。
台湾産のウナギは、品質検査を二重に行ったうえで、氷の入った水のなかに入れて仮死状態にし、鮮度を十分キープした状態で、日本へ輸出されるんです。
台湾産ウナギは、日本では、専門の料理屋などで使われています。

近頃日本では、ウナギの幼魚を台湾などへ輸出して、輸出先でウナギを育て、日本へ逆輸入するという「里帰りウナギ」が問題視されました。
「里帰りウナギ」の目的は、育ちの良くない日本の幼魚を、台湾などで、自然の状態に近い環境で上手に育てることです。
ところが、日本へ逆輸入する際に、日本のウナギ業者によって、「国産ウナギ」として偽装されていた事件で、悪い印象が付いてしまいました。
これにより、「里帰りウナギ」は「輸入品」として扱われることになりました。

台湾の養鰻業界の狙いは、台湾産のウナギの9割を日本に輸出して、これからブランドとして日本で浸透させていくことです。