食の安全ナビ

エツヒロの中国産トラフグ偽装事件

山口県下関市にある水産加工会社「エツヒロ」では、中国から輸入養殖されたトラフグを「国産トラフグ」として偽り、販売を続けていた疑いがあり、農林水産省が立ち入りリサーチを行なっていたことが分かりました。
首都圏や近畿圏、中国や四国地方の大手スーパーや百貨ショップ等に納入していました。
7月23日、農林水産省は、日本農林規格法違反としてエツヒロに対して、回復指示を出すことに決めました。

農林水産省によると、エツヒロは2008年3月〜6月に、中国から輸入養殖のトラフグやシロサバフグ、アンコウ計約5トンを切り身や刺し身等に加工していました。
また、トラフグは養殖の産地である「熊本県産」とし、シロサバフグは水揚げの盛んな「山口県産」として虚偽表示をし、販売していました。

関係性者から情報提供を受けたことで、農林水産省は7月7日〜15日に、下関市のエツヒロ本社や長門市にある工場など3カ所において、計5回の立ち入り検査を行いました。

エツヒロはフグを、東京都内にある水産商社から輸入していて、取り扱っていたフグの大半が中国産でしたが、これまで殆ど「中国産」と正確に表示して、販売したことはなかったのだそうです。
エツヒロは産地偽装が常態化していた可能性が高いと、農林水産省はみています。

エツヒロは、1985年に創業して、生鮮魚介卸売においては県内中位だそうです。
フグの刺し身や鍋物用などの加工品は主力商品で、大手百貨ショップやスーパー、生協等に納入していました。
2004年度に約4億2千万円まで売上高が落ちていましたが、07年度には約6億円の売上高まで伸ばしていました。