食の安全ナビ

BSEとトレーサビリティ

肉に関わる偽装は、ブランド地鶏に偽ったブロイラーから、牛肉の産地偽装まで多岐に渡ります。

鶏肉の産地偽装やブランド地鶏として偽装した問題は、決して許されることではないですが、命や体に大きな悪影響を与えるケースは少ないようです。

ところが、牛肉においては、未だ解決に至っていないBSE問題があります。
この問題に関しては、だまされてがっかりするだけではなく、命のリスクに関わることなので、神経質にならなければいけません。
だからといって、すべての牛肉が危険であるわけではありません。
安全を第一に飼育を行なっている牧場も、勿論沢山あります。

近頃では、牛が生まれてから出荷されるまで、飼育されてきた記録をチェックできる「トレーサビリティ」というシステムを提供しています。
そして、飼育中に使用された薬の種類まで、明確に知ることができるので、豚肉や鶏肉は勿論、特に牛肉に関しては、トレーサビリティによって詳しい情報を知ることができるものを買うようにするとよいでしょう。

それでは、少しでも、食品偽装から大事な家族を守るポイントを挙げます。
・まず、極端に安い食品は、どうしてそんなに安いのかをよく考えてみて、不安に感じる場合は買わないようにして下さい。
・できる限りトレーサビリティを提供している食品を購入して下さい。
・生産者の顔がわかったり、連絡先が書かれていたりするものを購入して下さい。
・表示をチェックして、添加物が多く含まれているものは避けましょう。
・ブランドだから安全であるとは限らないので、ブランド名だけに振り回されないようにして下さい。
・なるべく、加工品は避けて手作りにし、素材から安全なものを選びましょう。
・新聞やニュースなどから、食品偽装に関する情報をこまめに確認して下さい。

これを守れば絶対に大丈夫というものではありませんが、これらを気にしているだけでも、必ず違いが出てくるはずです。
大事な子どもさんや家族を守るためだと思って、今日から始めてみましょう。